負けトレードの後に”必ずやるべき”3つのテクニック

2021年5月4日

負けトレードの後に必ずやるべき3つのテクニック

私も普段からトレードで負けることはよくあります。

これはどれだけ多くの利益を上げている勝ちトレーダーの方でもトレードで負けることは日常茶飯事といってもいいかもしれません。汗

”負けトレードはその後が一番大事”

負けたあとに何をしているか?

これによって「勝ち残るトレーダー」と「負けて撤退するトレーダー」に分かれてしまう分岐点のような気もします。

この記事を読んで、”負けた後になにをすればいいのか?”をきちんと理解し、勝ちトレーダーへの道を進みましょう!

では早速いきます。

 

負けを取り返そうとしない


これは一番やってはいけない事です。
ですがやってしまう気持ちすごい解ります。。

冷静さを失い、カッとなってロットサイズを大きく上げて根拠のない博打のトレードをしてしまうというのが典型的なパターンですが、これはもう本当に最悪です。笑

自分も初めの頃は全くこの通りに取り返そうと躍起になっていました。。

今思うと心の底からゾッとします笑

まず最初にすべきことは、

”一度落ち着いて冷静になること”

です。

 

マーケットから少し離れてみる


まだすぐに冷静になるのが難しい場合は、一度チャートを見るのを辞める。
もしくはもう外出してしまって気分転換などもいい対策になります。

自分の場合はもうその日はトレードしないようにしていた時もありました。

翌日になればかなりスッキリしているので、なかなか冷静になれない方は試してみるのもいいと思います^ ^

 

冷静になったら”資金管理面”で考える


無事に冷静さを取り戻したら、今度は資金管理について自身で整理することをおすすめします。

まだ通常のロットでトレードしても大丈夫なくらい資金が残っているか?、もし次も負けた場合のことも想定して資金面を併せて考えていきます。

もし仮に同じロットサイズで連敗が続いてしまうと加速度的に資金を失っていくことになります。

そうするともうトレードすること自体が難しい状態に陥ってしまいますので気をつけましょう!

 

負けた後はロットサイズを半分or少なくする


このテクニックはとても有効です。

まず1回トレードで負けてしまった場合は、

”次のトレードはロットを半分もしくは少なくする”

半分にするのか調整して少なくするのかは残りの資金にもよりますが、
ここはもう思い切って半分にしてしまうほうがいいかもしれません。

そして大事なのは、ロットを少なくしたトレードを「元の資金まで回復するまで続けてみる」ということです。

皆さんも経験あると思いますが、なぜかロットを小さくした時に限って勝ちます。汗
そしてロットを大きくした時に限って負けます。。
一体この現象はなんなのだろう?とよく不思議に思っていたものですね笑

例えば通常時は2万通貨で取引していたのであれば、負けトレードの後は半分の1万通貨に下げて取引すると自分の中でルールを設定します。

もし仮にリスクリワードが1:2になるように取引をしていたのであれば、
ロットを半分にしたとしても次に利益を目標まで取ることができればプラスマイナス0まですぐに取り戻せます^ ^

あくまでも資金を急激に減らすようなことだけは絶対に避けるようにしましょう。

ぜひこのテクニックを使ってみてくださいね!

 

まとめ


①負けトレードの後は、

”一度落ち着いて冷静になること”

②難しい場合はマーケーットから離れてみる。

一度チャートを見るのをやめて気分転換に外出するなども有効jな手。

③資金管理の面で考える

残りの軍資金から、通常通りに取引をしても大丈夫か?

次も連敗することを必ず想定する。

④負けた後はロットサイズを半分or少なくする

負けた後はロットを半分でトレードするようにし、

 「元の資金まで回復するまで続けてみる」を徹底する。

これらのルールを徹底することによって一気に資金を減らすようなことは必ず無くなるはずです。
私自身もこのような管理の方法を知って実践してからはグッとパフォーマンスは向上しましたので、みなさんもぜひ実践してみてください^ ^!

【メインの自動売買システム(EA)を無料で公開中♩公式LINEで詳細情報も】

・無料提供中の自動売買システムの情報や実際のリアルな成績
・新しいシステム(EA)の詳細
・無料で自動売買システム(EA)を提供中

▶︎無料の自動売買システムの詳細はこちら◀︎

 

FX,副業

Posted by user